コミュニケーションスキルは、仕事をしていく上で最も重要なスキルの一つです。仕事における問題は、コミュニケーションの行き違いが占めていることが多いのが現状です。例えば、言葉の意味や明確な定義を確かめずに起きる解釈の違い、価値観の違いや双方の思い込みによる問題等があります。その問題を防ぐためには、コミュニケーションスキルを高めることです。そのことは、取引先との商談、社内での業務の円滑促進につながり仕事の生産性を高めることもできます。ビジネスコミュニケーションスキルには、様々なスキルがあります。今回は、相手のコミュニケーションスタイルにあわせた、受け入れやすいコミュニケーションの取り方をご案内します。

 

 

 

1. コミュニケーションとは

    (ア)コミュニケーションについて

    (イ)世代間の違い

  (ウ)相手に合わせたコミュニケーション

 

24つのソーシャルスタイル

    (ア)ソーシャルスタイルとは

    (イ)ソーシャルスタイルを見抜くポイント

     (ウ)ソーシャルスタイル

 

3. ソーシャルスタイルを知る

    (ア)自分のソーシャルスタイルを知る

    (イ)相手のソーシャルスタイルを知る

    (ウ)自分と相手の違いを知る      

 

4.共創的コミュニケーション

   (ア)共創的に対話する

   (イ)見たいものしかみえていない

   (ウ)メンタル・モデルの演習                                                      

  

5. ソーシャルスタイルごとの対応ポイント

    (ア)脳科学とソーシャルスタイル

    (イ)コミュニケーション戦略を考える

    (ウ)職場のチームワークに活かす

 

*ビジネスコミュニケーションには、上記以外でプログラムがあります。

 

  ①共創的コミュニケーション ~チーム力を高める~

 

    ②TAを活用したコミュニケーション  ~人間関係を良好にする~

 

  ③アサーティブ・コミュニケーション ~相手を尊重しながら自分の意見を

    率直に伝える~

 

    ④コーチング・コミュニケーション ~相手の行動を変える~

 

  ⑤ロジカルコミュニケーション ~わかりやすく伝える~

 

  ⑥ビジネスコミュニケーションのHOW TO 2日間コース(聴く・訊く・伝える

   対話力を高める)