コミュニケーション&セルフマネジメント研修

最近の若手社員の動向として、コミュニケーション力不足、表現スキルの低下などから上司との関係がうまく築けていない。業務上にも支障がでてくるため、部署毎のチーム力を高めるためにも若手社員のコミュニケーション力を高めたい。また、自身をコントロールするやり方を習得させたいと依頼がありました。そこで、現状のコミュニケーションの在り方の問題点を整理し、自身の”癖” を客観的に知ることで他者との関わり方の自己理解を深めました。次に寸劇(現場で起きている事例など)を通して、”相手も自分も大切にする伝え方”を体感し、他者との関わる時のスキルと考え方を習得することを目的とし組み立てました。

1日研修 9時から17時

【受講生のコメント】

 

自分にも余裕をもちながら相手のことを考えることを実践してきたいと思った。そのためには効率よく仕事をしていくよう工夫していきたい
・現場の場面や職場環境にあてはめて考えた時に、どうしてそうなったのか、どうすれば良かったのかを改めて考えるいいきっかけになった
・主張が苦手なので、発言のチャンスがあれば上司や先輩方にも発言していきたいと思った
・自分自身、一年間で悩んでいることだったので、この研修で少し考えが変わった。しっかり考え・発言し行動するよう心がけたい
・相手によって自分の立場をどうニュートラルに表現できるか考えてみる。落ち着いて考える、論理的に考えるようにしていく
・上司に相談する時は、思いつくままに言うのではなく、5W1Hなどを使い相手の状況も考えながら伝える
・特に店舗が忙しいくてイライラしている時などは、対応がどうしても冷たくなってしまうので、そんな時ことNPを意識したアサーティブな対応を心掛けたい
・異なる価値観を体験して、今の自分の価値観は省エネだと思った。もう少し、自己表現を豊かにしたい
・今まで主観的に話す事が多かったので、相手の意見を取り入れて思いやりを持って話をしたい
・自分自身の改善すべきところは気づいていたが、どう改善したらいいかわからなかった。しかし、そこを知ることができて有意義だった
・まずはお客様の意見をしっかり聞き入れ、その上で否定的にならずに話をします
・相手に何かをいう時(注意する時)に言い方を考えて、攻撃的にならないようにする
・今回の研修で知らないことを知ることができた。チームワークには相手を思いやることが大切であることを学べた
・自分の理解、他者への伝え方を学べ、今後部下ができた際に良好な関係性を築きチームでの生産性を高めたい
・どのような状況でも悪い方向に話がいかないように最善の会話ができるように意識していく
・数字が上がらないのはなぜなのか具体的に理由を述べるようにする 他