有名な飲食店 ”現場エンジンUP” テーマにキャリアデザイン研修を実施しました

2019.6.15

研修の感想を一部記載します。

 

・”現場のエンジン” になるためにどうするかを話し合ったのが一番心に残った
・従業員の良い所を引き出す
・ワーク・ライフバランス、自身のメンテナンスにちて計画を立て、無理なく仕事をする
・自らが責任をもって業務に取り組むだけではなく、他の従業員にも自分のスキルを伝える
・チームの成長による生産性の向上、一人一人が活躍できるように考え仕事を与える
・意見を受け入れ、否定から入らない。話す機会を増やす
・話やすい雰囲気作りを考えて行動してみる
・情報を自分の考えで使える部分と使えない部分を選別して組み合わせを考えること
・これまで仕事については、前向きに会社に少しでも貢献できるよう積極的に取り組んできたつもりでしたが、想像していたより、短期的に大雑把にしか考えていなかったことに気づいた
・全体を通しての気づきは、自分の想像以上に仕事に対しても、プライベートへの今後について課題をたくさん持っていることです
・自分の潜在的な力を発見できた
・自分の ”コア” になるものが向上心や成長したいという欲求であることがわかったので、自分の強みをさらに伸ばす意識を持つ
・グループワークで ”ワクワク” しながら仕事をするということが、現場エンジンとなるために必要だという意見を聞いて ”ハッ” としました。メリハリをつけながら楽しく仕事に取り組みます
・世の中の今後の流れ、自分自身の現在・未来について改めて考えることができた 他

 

カリキュラム詳細は、こちらをご覧くださいませ。

http://www.biznavi.co.jp/?p=3761&preview=true

 

西日本新聞に掲載されました!

先日、佐賀市で管理者対象に研修を実施しました。西日本新聞記者の方も受講されました。

それが、なんと記事に・・・・

詳しくは、こちらです。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/514392/

 

女性の職業生活における活躍推進に関する法律等一部改正

 

女性をはじめとする多様な労働者が活躍できる就業環境を整備するため、女性の職業生活における活躍の推進に関する一般事 業主行動計画の策定義務の対象拡大、情報公表の強化、パワーハラスメント防止のための事業主の雇用管理上の措置義務等の 新設、セクシュアルハラスメント等の防止対策の強化等の措置を講しています。

 

詳しいことはこちらをご覧くださいませ。

https://www.mhlw.go.jp/content/000486033.pdf

 

若手リーダー研修担当しました!

1週間続いた最後の研修は、「若手リーダー研修」でした。

 

当初20名予定が40名参加で大好評でした。今回は、異業種で27の企業が参加。20代~40代前半、初めてリーダー役になった方から次の社長候補まで幅広く参加していただきました。

 

詳しいことはこちらをご覧くださいませ。

http://www.biznavi.co.jp/?p=3715&preview=true

 

一部感想を記します。

・愚痴以外にも悩みや思っていることを言えるように、勤務中の隙間時間の利用や可能な限りで、勤務以外の交流もできたらよい。
・職場のためにPREP法の導入、TO DO LISTの作成、活用したい
・世代交代の時!頑張ります!
・指導の方法についてもですが、自身のこれまでの関わり方についても振り返ることが出来て大変勉強になった
・自分の課題が理解できた
・会社での自分の立場が思っていたより、もっと深い重要なことだと思った
・社内でのコミュニケーションの機会、感情面による変化に気づく、前向きな意欲と行動、欠点の対策を取り入れる
・明日から一人一人に合わせた指導をしていきたいと思った
・実践もあり、体系的に勉強できて興味深かった。今後に活かしていく
・日頃からの部下への指導方法で、間違っていなかったと思うこと、自信になったのと反面、まだまだ努力が足りない自分が明確になりました 他

 

管理監督者対象:キャリアデザイン研修

管理監督者対象に、キャリアデザイン研修を実施しました。

 

詳しいことは、こちらをご覧くださいませ。

http://www.biznavi.co.jp/?p=3708&preview=true

 

一部受講生の感想を記載致します。

 

キャリアデザインは、人との関わりがあってこそ成り立つものであると感じた
・仕事上で関わっているひと、地域との関わり方を大切にしていきたい
・目標は口に出し、周りのスタッフに発言し共有する
・自分自身の今後について、具体的に考えることでビジョンが明確になったこと
・何か資格にチャレンジしようと思った
・自分が最近思い描いた未来予想図を具体的に描くことができた
・自分の強みやコアを理解すると同時に同じ職場スタッフの強み・コアを理解する
・自分について考えることがこれだけ疲れると思わなかった
・自分の今の考えを頭にいれて、営業活動マネジメントに臨もうと思う
・自分の人生を設計し、創造的に生きなければならないと思った  他

 

管理監督者・リーダー対象:モチベーション研修

佐賀、鹿児島と管理監督者、リーダー対象のモチベーションマネジメント研修を実施しました。

 

詳しいことは、こちらをご覧くださいませ。

 

5月20日 リーダーのためのモチベーションマネジメント研修

http://www.biznavi.co.jp/works/3678

 

5月21日 管理監督者モチベーションコントロール研修

http://www.biznavi.co.jp/?p=3693&preview=true

 

一部感想を記載します!

 

承認と達成感を意識して部下育成に取り組む。

・部下のモチベーションがどこにあるのか、年々不明確になってきている。モチベーションの知識を学ぶことで、改善の一歩が踏み出せそう。

・具体的な事例をあげ、日々の業務をイメージできる研修の内容であった。

・居心地のいい職場を作るため、自分が中心になり輪を広げる。

・他人を思いやる。他人の限界を勝手に決めつけない。

・今回の研修を受講するにあたり、スタッフのモチベーションを向上維持するためにはどうしたら良いかという課題を持って臨んだ。現在できていることも部分的にあったが、マネージャーとして、まだまだ取り組まなければならないことが沢山ある。逆にできることが沢山あることを知ることができた。

・答えを与えるのではなく、答えを引き出す質問を行い自分で考えさせる。仕事の意味を理解させ、やりがいのある仕事を与えるようにしていく。

・アドバイス等を行う際、モチベーションがあがるような話し方を行う。

・実は深い内容だった。モチベーションを維持することは重要だと改めて感じた。他

 

『マタギドライブ』的世界観

2019.5.18

 

湿度が高くなってきましたね~。窓を開けると ”風鈴” が涼しさを運んでくれます!

 

さて、「マタギドライブ」あまり、耳にしかい言葉です。”マタギ”とは、主に東北地方の山間部に在住していた、クマや鹿など大型動物を集団で狩って生活する人達のことです。

『これからの時代は、人々が ”マタギ” のように課題狩りをして、AIを始めとするテクノロジーが ”猟銃” になる社会だと。落合陽一氏が述べています。

 

『変わりゆく時代、私達はなにをするべきか』今までの常識+固定観念にとらわれない柔軟な フラットな視点が必要になってきています。

 

1.テクノロジーと日本の課題を探る

2.「働く」ことへの価値観を変えよう

3.超高齢化社会をテクノロジーで解決する

4.孤立化した子育てから脱却するために

5.今の教育は、生きていために大事なことを教えているか

 

上記テーマにして、ディスカッションされています。

 

詳しいことは、こちらをご覧ください→https://live.nicovideo.jp/watch/lv314526819

 

大学の講義が先週からスタートしました。『変わりゆく時代、私達はなにをすべきか』

一つひとつの課題に向けて一緒に議論しあい答えを見つけていくこと、そして、改めて”テクノロジー”について苦手意識をもたず学習することの必要性を感じています。

 

研修も東京→佐賀→鹿児島2日間→大分と続きます。多くの方々との出会いがある中で、今後の生き方、働き方について少しでも組織・個々の課題に向けて一緒に解決していくように頑張っていきます!

 

 

2019.5.16

20代、女性が長時間残業で適応障害になり、労災認定されたました!

発症1カ月前の残業時間は170時間超だったとのこと。

 

詳しいことは、こちらをご覧くださいませ →

https://www.jil.go.jp/kokunai/m/hanrei/20190515.html?mm=1491

 

同社は「労災認定は真摯に受け止めている。裁量労働制は廃止しており、従業員が働きやすい環境整備に努めていく」としている・・・といわれているようだが、『働き方改革』はこの視点からも急務と言えると思います。

 

『働き方改革」を進めるにおいて大きく3つポイントがあります。

1つは『制度』、2つ目は『ツール』、3つ目は『風土』です。

 

組織内で、この3つの中のどこに問題があるのかを現状分析していくことがまず先決です。

組織においては、グランドデザインが描けていなくて、ある制度だけ変えたらいいと単発的に

動いている企業もあります。

 

現状どこに問題があるのかを分析するのは組織分析をすることになります。水面下に潜んでいる

ことをあぶりだすのは組織としては、勇気がいることではありますが、離職防止、組織の生産性を上げるためには、一度、組織分析(現状分析)は必須ではないでしょうか。

 

『安全と働き方改革』をテーマで講演しました!

2019.5.16

 

「安全と働き方改革」をテーマに、約300名の方に60分お話をさせていただきました。目的は、働きがいある職場づくりは、品質、安全、生産性など職場運営力を向上させ、おのずと収益性の向上にも繋がること、働きがいある職場づくりは難しく、お金がかかるものばかりではなく、仲間を認め、気遣い、感謝などを伝え、成長を褒めるなど相手との関わりの中で、自己の成長感や達成感、仕事の納得感を高めることが、職場運営の改善を図る重要なポイントとしました。

 

また、日頃からの職場風土が良好であることが、「心理的安全性の高い職場」の特徴として、 ①チーム内の情報共有の撤退 ②チームメンバーのぽテンションを高める ③将来に対するビジョンが明確になる ④人材流出を防ぐことに繋がることを理解していただきました。

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ。→ http://www.biznavi.co.jp/works/3668

 

2019.5.10

何歳になっても、必要になってくる『キャリアオーナーシップ』の姿勢!

 

「人生100年」の生きがいは自分で探すしかない

 

95歳、お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古さんが考える、『幸福を感じられる生活のコツとは何か』について書いていらっしゃいます。

詳しいことはこちらをご覧くださいませ⇒https://president.jp/articles/-/28293  面白いと思ったこと!なんとなくやってみたいな~と思ったこと!思うこと!     まずは、やってみましょう

書籍のご案内:安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書) 新書 – 1999/6/1

2019.5.6

ゴールデンウィーク最後の日になりました!

今日は、書籍の案内です。

出版された日時は1999年6月1日でありますが、マネジメントでもキーワードになっている「心理的安全性」にも関わるのではと思い購入し読みました。

 

リストラ、転職、キレる若者たち-----日本はいま「安心社会」の解体に直面し、自分の将来に、また日本の社会と経済に大きな不安を感じている。集団主義的な「安心社会」の解体はわれわれにどのような社会をもたらそうとしているのか。

本書は、社会心理学の実験手法と進化ゲーム理論を併用し、新しい環境への適応戦略としての社会的知性の展開と、開かれた信頼社会の構築をめざす・・・(引用:書籍から)

 

第一章では、信頼と安心の違い、信頼概念の多面性他、後半は、上記で書かれているゲーム理論や実験などを根拠にして、「信じる者はだまされる?」というテーマについて書かれてます。

 

後半は、ガードナーによる7つの知能、脳のモジュール構造などを説明し、社会的知性と社会的知能に書かれてありました。その中に、これからの時代には、『ヘッドライト型知性』が必要であると述べられていました。この概念は、元リクルートの校長・藤原和博氏がおっしゃっている ”編集力” という概念と同じであると思いながら読んでいました。

 

社会的不確実性がない状態を「安心」、社会的不確実性がある状態で相手を信用することを「信頼」と定義し、日本は安心社会だったが信頼社会へ過渡している・・・よって、社会的知性を、社会的環境における基本的適応課題を解決するための能力と定義しています。

*社会的知性については、澤口俊之氏著「HQ論」に詳しく書かれています。

 

興味深かったのは、高信頼者の方が低信頼者よりも他人が信頼できる人間であるかどうかに敏感であり、また他人が信頼できる人間であるかどうかを正確に判断できることを示すことを実験結果で表していたことです。

 

いわば、他人の行動をうまく予想できなかったのは、一般的信頼の低い信頼者であると同時に、他人と協力してやっていくことが重要だと思っていない人でした。これに対して他人の行動をうまく予想できたのは、人間は一般に信頼できると思っている高信頼者であると同時に、他人と協力していくことが重要だと思っている人たちだったという結果です。

 

社会で生きているうえで、他者との協力関係は必須です。人間は一般に信頼できると思っている人は、他人との間で積極的に協力関係を築こうと試みる機会が多いのは、明らかに高信頼者ということです。

 

巻に糸井重里の言葉は・・・・『最大の戦略とは、正直であること!? いずれ来る社会への大きなヒントが』 でした!

 

 

 

キャリアプラン研修 - 公益財団法人 大分県自治人材育成センター

2019年7月31日、8月22日2回「キャリアプラン研修」担当させていただきます。

詳しいことは、こちらです。

https://ojic.or.jp/wp-content/themes/theme022/pdf/2019/ken/04/49.pdf

 

 

経営サポート|大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営 のセミナーのご案内

企業経営や社員教育の「大銀セミナー」を開催しています。
この機会に「人材育成」計画の一環に組み入れられるとともに、他社の方々との交流の場として本セミナーのご活用をおすすめいたします。

 

2019年5月24日 ~時代の変化に対応したリーダーシップを学ぶ~

若手リーダー研修 担当させていただきます。

 

詳細は、こちらからご覧くださいませ。

http://www.dkk-oita.co.jp/support/index02.html

 

 

5月:講座・セミナーのご案内

”令和” 4日目です。何かしら新しいことにチャレンジしたくなるような気持ちになりますね。

 

5月は定番の仕事以外に、東京、鹿児島、大分、佐賀と出張があり、8年目を迎える大学でのキャリア形成講義もスタートします。体調管理が大切です。

仕事と勉強の合間に、睡眠、食事、運動の時間をどう取り入れるか ”タイムマネジメント”しています。時間は有限です。何かを得ようとすると、何かを削る、選択をどうするか。ボーとする時間も大切です。ちょっとした時間でもホッとする時間を確保するする。”瞑想” の時間をとりましょう。とひとり呟く。

 

さて、5月セミナーの案内です!

 

★ー5月セミナー開催のお知らせー★

テーマ:離職防止対策・採用・人材育成に活かす ”やる気” 改革

●日時 2019年5月29日(水) 18:30 ~ 20:00

●対象 経営者、管理職、人事担当者

●定員 6名程度

●内容 離職防止対策・採用・人材育成に活かす ”やる気”改革について 

1) 新入社員の傾向
2)個人の ”やる気スイッチ” をONにする 心理学を学ぶ
3)『個人と組織の共生』について考える

申込・詳しいことはこちらをどうぞ ⇒ 

http://www.biznavi.co.jp/seminar/3649

 

5月の心理学を活かしたコミュニケーション講座

⁂下記は、交流分析を活かしたコミュニケーション講座です。

他者との人間関係構築、子育て、他活かしたい方対象

 

① 5月11日(土曜日) 10時~12時30分 テーマ:時間の構造  

 

② 5月11日(土曜日) 13時30分~16時 テーマ:対話分析

 

*ご興味ご関心がある方は、お問合せくださいませ。

 

2019.5.3

令和となりました!。昭和、平成、令和と ”生きる” ことになりました。まさに、大きな転機となるように感じています。

 

先日、黒川伊保子著の成熟脳: 脳の本番は56歳から始まる (新潮文庫) 文庫 – を読みました。

 

昭和、平成と生きてきた知識・見識・胆識をこれからもっと成熟させていく時期になっているのかもしれません。

 

これからの時代は、キャリアオーナーシップの時代です。ますます自己決定・自己責任が重視されます。そのためには、キャリア開発は欠かせません。そして、キャリア開発をしていくためには、自分がどうありたいのか、さらには自分にとって働くことの意味・意義とはなんなのか。などを理解して自己ゴールを明確にしていくと人生を楽しく過ごせるのではないでしょうか。

 

令和の時代、自己研鑽・相互研鑽をしながら、『個人と組織の共生』を目指して新たに邁進していきます。

 

―万葉集「梅花の歌」―

初春の令月にして、
気淑(よ)く風和ぎ、
梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、
蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。

 

万葉集入門より引用

本の紹介:超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃

2019.4.13

2035年、日本の人口の半分が独身になる! 

未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者 の死別による高齢単身者の増加など、確実に 進行する日本のソロ社会化。高齢化や少子化 ばかりが取り沙汰されているが、このソロ社会化こそ、日本が世界に先駆けて直面する課題だ。 「個」の生活意識や消費意識、価値観はどのように 変化していくのか――博報堂ソロ活動系男子 研究プロジェクトリーダーが問う日本の未来と筆者はいっています。

目次は、

第1章 増えるソロで生きる人たち

過去最高記録を更新、生涯未婚率/未婚が増えた原因/未婚者は社会悪なのか?/生涯未婚率より深刻な生涯無子率/根強い日本の結婚規範/結婚のメリットもデメリットも金 

第2章 ソロで生きる人々を許さない社会

第3章 男たちは嫌婚になったのか

第4章 結婚してもソロに戻る人たち

第5章 ソロたちの消費

第6章 ソロ社会の未来 

 

野村総合研究所のアンケートデータにによると、こうした中、1人の孤独な時間を積極的に楽しむ人も増え始めている。「たしかに単身世帯が増加し、孤立する人が増えているのですが、それほど寂しさを感じていない人も少なくないようです。というのも、スマホ1つでいつでも人とつながれるからです。むしろ必要以上に人とつながりすぎることに疲れてしまい、“積極的に1人になって楽しもう”という人が増えています。こうした現象は今後さらに顕在化してくると思います」

 

昔から日本人はコミュニティを大切にし、グループ行動を好むと思われがちだ。だが、あなたは1人行動派(1人で行動するのが好き)かグループ行動派(誰かと一緒に行動するのが好き)かを聞いた野村総研のアンケート調査では意外な結果が出ている。20代~60代の過半数が「1人で行動するほうが好き」と答えているとのこと。

 

この背景には現在のライフスタイルのインフラを築いた情報革命がある。次世代モバイル通信5Gのサービスが始まれば、ますます「1人の時間」が増えていくのは間違いない。孫社長は「情報革命で孤独という悲しみを減らしたい」と考えた。たしかにそれで幸せになれる人も多いだろうが、「孤独」そのものの受け取り方も変わり始めているのだ。

いずれにしても「孤独」が今後のビジネスの重要なワードになることは間違い。では、単身生活者の消費動向をどうつかまえればいいのか。また、どのようにすればニーズを呼び起こせるのだろうか・・・・。(引用:プレジデント社)

 

孤独ビジネスは、ブルーオーシャンというキーワードが気になりご紹介しました。

 

2018.4.11

 

ダイバシティーマネジメントの研修依頼が増えてきています。

マネジメントに欠かせなくなるのがメンターリングの必要性です。

 

メンターに求められるスキルは、基本、相手を受容することはもちろんのこと、様々なスキルが求められます。コーチングだけでなくカウンセリングスキルも必要になってきていると考えます。男性管理者が、女性部下のマネジメントで悩んでいるかたも多く相談があります。最近は、原因の一つとして、セクハラ、パワハラ問題があります。

 

一般的な男女の特性の差もありますが、一人一人思考、行動特性は違います。メンターとして、どう関わったらいいのか、ダイバシティ―マネジメントのポイントになりますね。

 

参考までに⇒http://www.dhbr.net/articles/-/5850

 

 

桜も散ってきました!。皆さま夫々に桜の思いでをつくられたでしょうか。

 

さて、少し古い日付の情報ではあります(20181025日付け)が、ご紹介しておきます。

スマホで子どもの斜視が増加?……韓国で研究論文、日本も同じ傾向か

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181022-OYTET50000/

 

 

2019.4.6

福岡の舞鶴公園の桜も今週がピークです。多くの方が、朝夜問わず足を運ばれています。

 

4月といえば、学生も社会人も新しい環境に変化していきます。今週は、2日から3日間、新人研修担当しました。今年で5年目です。毎年、新たな気持ちで受講生と向かいあってきました。

本年度は、3日間とも海外の方が受講されていました。これから益々、増加傾向になっていくことでしょう。

 

詳細は、こちらをどうぞご覧くださいませ。

http://www.biznavi.co.jp/?p=3504&preview=true

 

4月のセミナーのご案内

2019年4月1日

今日から新年度スタートします。晴れ晴れとした天気で、すがすがしい気分で迎えることができました。明日から新人研修がスタートします。そして、大学での講義他、また、新たな出会いがあります。”わくわく” しながらそして、気を引き締めて1年挑んでいきます。

■企業の方向けの講座の案内です。

●4月のテーマは、「離職防止:パワハラとモチベーション」です。

●日時 2019年 4月26日(金)15:30〜17:00

●対象 経営者、管理職、人事担当者

●定員 6名程度

●内容 ”パワハラとモチベーション” の関係を理解し、離職防止につなげる 

1) ”パワハラ”と”指導”の違い
2)なぜ、モチベーションに影響するか心理学から理解する
3)離職防止につなげるためには

申込、詳細については、こちらをご覧くださいませ。http://www.biznavi.co.jp/seminar/3481

4月の心理学を活かしたコミュニケーション講座

⁂下記は、交流分析を活かしたコミュニケーション講座です。

他者との人間関係構築、子育て、他活かしたい方対象

 

① 4月6日(土曜日) 10時~12時30分   

 

② 4月10日(水曜日) 13時30分~16時   

 

③ 4月20日(土曜日) 10時~12時30分  

 

*ご興味ご関心がある方は、お問合せくださいませ。

 

キャリアコンサルティング技能士会で登壇!

2019年4月1日

 

新年度ですね~。ワクワクどきどきでもあり、気が引き締まる時期でもあります。

 

2019年3月21日「実践から学ぶ キャリアコンサルタントのキャリアデザイン」と題した勉強会にて、お話をさせていただきました。

詳しいことは、こちらをご覧くださいませ。

https://www.cc-ginoushikai.org/upload/155402856737.pdf

 

明日からは、新人研修がスタートします!。新年度が楽しくかつご縁のある方のお役にたてるように頑張ります。

 

皆さまも、良い新年度になりますよ~にお祈りしています。

 

大手企業セルフコントロール研修 8回終了しました!

2019年1月~3月まで入社1年めから5年以上(転職の方は10年以上)の方対象に、セルフコントロール研修実施しました。セルフコントロールは、何を自己管理するのか捉え方は幅く、企業からのニーズを把握し、今回は、職業観、社会人基礎力を活用して職場での対応力チェックを実施しました。そして、強みとキャリア開発する点を整理し、具体的にどうようにしていくのか考えていただきました。

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ。http://www.biznavi.co.jp/works/3467

 

受講生は、20代~30代。職歴が長くなるほど、プレゼン力、ファシリテーション力の吸収力が違いました。毎回の受講数は、30名~60名近くです。

 

個別カウンセリング、キャリアコンサルタントと違い、集団での意識改革はヒアリングが難しいのですが、今回は、自己肯定感がひく受講生もいました。関わり方次第で短時間であっても、なにかしらの”気づき”と”元気をだしてもらえる” そんな体験ができました。

 

サポートステーションでは、グループカウンセリング等も行います。まずは、自分を信じる力を取り戻すことを意識しています。

 

ご縁のある方のお役にたてること! そのためには自己研鑽を続けることを心掛け頑張ります!

 

「わが子をスマホゲーム中毒にしたくない」すべての親に読んでほしい、あるゲーム開発者の話

ゲーム依存に悩んでいる方へ、ぜひ、一読くださいませ。

 

https://www.businessinsider.jp/post-187237?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook&utm_campaign=e0193cc0c01668baba585e43825e9c4e

 

ゲーム・ネット依存について

 約10年程、専門学校でカウンセリングを担当しています。ここ数年、気になるゲーム・ネット依存症の事例が増えています。原因はということ、ゲーム・ネットをする時間にも影響しているのではないかと思っておりました。そこで、数年前に久里浜医療センターの「ゲーム・ネット依存症」の講座(東京にて)にも足を運びました。

 

今年、ご縁があって、磯崎毅先生(医学博士)にお会いする機会があり、先生が同じように”未来の子どもたちのことについて” 危惧されておりこのことについて、様々な活動をされていることを知りました。

 

ゲーム・ネット依存治療の専門家である中山秀紀先生(久里浜医療センター)によるQ&Aを転載いたします。第15回ポストコングレス大分で大きな反響を呼んだ中山先生のご講演からの抜粋となります。転載許可をいただきました中山先生に感謝いたします。

また、ご紹介いただきました磯崎毅先生(医学博士)に感謝いたします。

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ。

Q&Aが詳しく書かれていますので、是非、ご覧くださいませ。

http://kyusiken.main.jp/pg122.html

 

 ⁂磯崎毅先生の活動例は下記の通りです!

 

例)【愛知県総合教育センター配布資料:大人も知らないスマホの秘密】

  【家庭教育講座】

  平成31年度 子どものデジタル障害研究会主催 家庭教育講座こどもとインターネット

     ~家庭でできるネット&ゲーム依存の予防~  他

第1回 201947() 10:10-11:40 (名古屋)

               フジコミュニティセンター(地下鉄桜通線 中村区役所駅4番出口徒歩2分)

第2回 2019616() 10:10-11:40 (東京都内:詳細未定)

第3回 2019616() 13:30-15:00 (東京都内:詳細未定)

 

【参加資格】

  子どものゲームやネット、スマホなどに興味のある方であればどなたでも参加できます。

【参加費】 無料 (当日の飛び入り参加も可能です)

 

講師:磯村毅 (医学博士)

   *名古屋大学医学部・同大学院卒

   *「子どものための禁煙外来」開設や新しい禁煙法「リセット禁煙」の開発後、

     ゲーム・ネット依存や動機づけの研究に取り組む。

     現在は予防医療研究所代表。子どものデジタル障害研究会代表。

     日本動機づけ面接学会代表理事

   * 著書に「二重洗脳ー依存症の謎を解く」「親子で読むケータイ依存脱出法」

    「失敗しない!動機づけ面接」など

   * 藤田医科大学客員教授

   * 日本動機づけ面接学会代表理事

   * NHKためしてガッテン・BSバズーカなど多数のメディアに出演

 

 

 

 

 

 

2019.3.11

すっかり春の陽ざしになりました!。いかがお過ごしでしょうか。

 

人生100年時代に、定年後も自分らしく働き続けるためには、40代くらいから『もう一人の自分をつくる』が重要であると、以前からお話をしていました。

 

実際、生命保険会社に勤務しながら、もう一人の自分をつくり、現在、定年後も活き活きと働いていらっしゃる ”楠木新(ペンネーム)さん” のことをご紹介させていただきます。

 

楠木さんの場合は、病気で思いもよらない休職→会社員と物書きの二刀流→芸名で活動中→会社には資源がいっぱいとうキーワードで自身のキャリア形成について述べていらっしゃいます。

 

⁂楠木さんの場合は、下記の3)病気がきっかけで会社に依存していた自分に気づいたのが、今後のキャリを考え、『もう一人の自分をつくる』きっかけになったとのこと。

 

⁂楠木さんの場合は、下記の3)病気がきっかけで会社に依存していた自分に気づいたのが、今後のキャリを考え、『もう一人の自分をつくる』きっかけになったとのこと。

 

また、キャリアを変える『きっかけ』はパターンがあります。

7つのパターンを紹介されています。

 

1.会社人間脱出型 ・・・・・・・・・こころの定年

2.生き甲斐探し型・・・・・・・・・・こころの定年

3.突発事故・事件型・・・・・・・・・病気、会社破綻、大震災などに遭遇

4.専門性開発型・・・・・・・・・・・独立請負人的働き方で

5.組織との関係変化型・・・・・・・・リストラ、会社とのトラブル、上司との関係など

6.小さいころの夢追い型・・・・・・・・・小さいころからの好きなことで

7.人生逆算型・・・・・・・・・・・・・・人生の持ち時間に思いを至し

 

■詳しいことは、こちらをご覧くださいませ。

https://diamond.jp/articles/-/140255

 

 

2019.3.9

男女共同参画社会の実現のために、男女共同参画の推進を自らの課題ととらえ自主的に活動する市民グループを支援することを目的としている福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」の会合に出席してきました。

本日は、アミカス市民グループ活動支援事業の市民グル^プ間の情報交換・交流でした。

 

夫々の思いや使命があって活動されている皆さまとの交流は、大変有意義でした。

 

2010年より女性が「自律・自律して生きること」を支援したいとキャリアコンサルタントの仲間が集まってスタートしたのは2010年からです。そして、「ほっとルーム」は、2013年より実施しています。働く上で女性の雇用環境などの課題について考えたり、また1人ではなく参加者同士で抱える悩みや不安を共有したり、情報交換の場でもある「ほっとルーム」では、毎回キャリア開発に繋がるテーマを置き、ワークショップの実施と無料個別キャリアカウンセリングを行ってきました。

 

次年度も引き続き、キャリアコンサルタントの仲間と一緒に活動をしていきたいと思っています。

 

九州やる気・生産性アップ推進協会

 

世論調査と人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップ社が、世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)を調査が掲載されていました。(2017年5月26日付『日本経済新聞)

 

「日本は『熱意あふれる社員』の割合が6%しかない「139カ国中132位と最下位クラス」という結果でした。記事はほかにも、日本企業内に諸問題を生む「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%、「やる気のない社員」は70%に達したと続きます。

 

この数字が日本企業の社員の実態だとしたら、これほど深刻なことはありません。これは能力の問題ではなく、意識の問題だからです。そしてその意識に大きな影響を与えているのが、職場風土や企業の体質にあるからです。

 

『組織と個人の共生』エンゲージメントを高め生産性をアップし、人も組織もハッピーになるためには、モチベーションは欠かせません。

 

そこで、組織、リーダー、個人のモチベーションを組織診断し、企業の業務改善・業績UPのためにの組織診断・組織開発プログラムを促進するために、『九州やる気・生産性アップっ推進協会』は活動しています。

 

異業種の専門分野とのチームワークで、『組織と個人の共生』エンゲージメント力を高めていきます。

 

 ⁂ご興味・ご関心のある方は、お問合せからご連絡くださいませ。

 

ダイバシティーマネジメント研修を実施しました!

経営・管理者者対象に、ダイバシティ-マネジメントの研修を実施したいと依頼がありました。今回初めての試みということでしたので、今回は、ダイバシティ-の重要性を理解したうえでの事業活動の促進、良好なコミュニケーション関係の構築、ハラスメントのない働きやすい職場づくりを目的としました。

 

これから5Gに向けて、新しい産業分野ができてくるに伴い、共感性の高い女性の能力発揮、IoTと実際のペインポイントの解消に女性の感性を活かす他、健康経営・メンタルヘルスの視点からもダイバシティーマネジメントの重要性は広がっています。

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ。http://www.biznavi.co.jp/works/3441

 

ゴールデンウィーク:キャリア形成講座2日間開催します

今まで、研修、キャリアコンサルタント(カウンセラー)として関わってきた方々からご要望があり、『キャリア形成講座』を開催することにしました。

 

人生の節目節目でしっかり自身のことを見直し、どう生きていくのか、どう生きていきたいのか。整理する時間そして、自分と向き合うことは大切なことです。

そのサポート、メンター役を担います。

 

過去、現在を振返り様々な角度から自己理解を深め、今後、どのようにキャリア(仕事・プライベート)を積んでいきたいのか、トコトン内観し今後のキャリアプランをたてていく講座です。

そして、個別のキャリアコンサルティングもついています。

日時は決定後、お知らせいたします。

 

⁂場所・内容・費用については、お問合せがあった方に対して個別にご連絡致します。

 

3月の講座案内です!

もう、3月になりました!

花粉症やちょっと疲れがたまったのか体調不調の安藤です。食欲だけが健康のバロメータなのですが、食欲がないという恐ろしい時間を過ごしています。

 

さて、企業の方向けの講座の案内です。

管理者対象の個別コンサルティング依頼も増えてきています。組織と個人の共生をめざして

頑張っています。

 

★ー3月セミナー開催のお知らせー★

テーマ:離職防止対策・採用・人材育成に活かす ”やる気” 改革

●日時 2019年3月20日(水) 10:00 ~ 11:30

●対象 経営者、管理職、人事担当者

●定員 6名程度

●内容 離職防止対策・採用・人材育成に活かす ”やる気”改革について 

1) ワーク・エンゲイジメントを考える
2)”やる気”UPするために ジョブクラフティングを取り入れる
3)組織のやる気スイッチをONにする 心理学を学ぶ

 

申込・詳細はこちらをご覧くださいませ。http://www.biznavi.co.jp/seminar/3414

 

 

3月の心理学を活かしたコミュニケーション講座

⁂下記は、交流分析を活かしたコミュニケーション講座です。

他者との人間関係構築、子育て、他活かしたい方対象

 

① 3月9日(土曜日) 9時30分~12時まで  

 

② 3月13日(水曜日)13時30分~16時   

 

③ 3月23日(土曜日)10時~12時30分  

 

*ご興味ご関心がある方は、お問合せくださいませ。

 

2019.2.23

大手通信企業において、『メンタルヘルス ラインケアー』をテーマに講演を担当させていただきました。

 

講演内容は、こちらです。http://www.biznavi.co.jp/?p=3388&preview=true

 

講演後に、質問もあり現状のストレスチェックの活用についての課題が明明確になりました。

元々、ストレスチェックは、第一予防が目的で実施されているわけですが、自身の早期発見として認識しているのか、高ストレス者として結果がでても産業医等の実施者の面談を受けないまま、離職に繋がるケースなどもあります。

 

また、管理者の立場では、プライバシーの保護があるので、結果を把握する運用になっていないため、ストレスチェックの結果は活用するのは難しいということがあります。管理者としての法的含み責務があるなかで、ストレスチェック活用についての質問がありました。

 

ストレスチェックは、第一予防の位置づけなので、第二予防としては管理者は、どのように部下のメンタルヘルスケアーをしていくのかとは現段階では切り離して考え、部下を観察しいつもと違う部下に早めに気づき、声かけなど ”できること” から実施していくことが必要かと思われます。

 

研修講師・シニア産業カウンセラーとしてこのような課題がある中で、ストレスチェックの活用そして、それ以外で ”快適な職場づくり” 促進のためにできることを地道にしていかなくてはと再認識しました。

 

2019.2,20

入社4年目対象に2日間「セルフコントロール研修」担当しました。

多くのワークを取り入れてプレゼンスキル、ファシリテーションスキル演習も取り入れました。

 

【感想】

・丸4年の社会人生活を通し、改めて研修を受講することで立ち止まり、考え、計画的に整理できた
・一つの視点からではなく、一歩引いて物事を考えていくことを学んだ
・今日のプレゼン、ファシリテーションを1日のミーティングで活かしたい
・人生100年時代に日々学習すること、社会・企業から必要とされる人材になるように努力する
・個人作業、グループワークが多く時間がすぎるのが早かった
・チェックシートで自身を奮変えることで不足する能力が明確になったので、不足点を補えるようにしていきたい

 

詳しいことはこちらをご覧くださいませ。

http://www.biznavi.co.jp/works/3379

 

キャリアコンサルタントの継続的な学びの促進に関する報告書」

ぜひ、一読くださいませ ⇒

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000199219_00001.html

 

 

2月の講座案内です!

 

★ー2月セミナー開催のお知らせー★

テーマ:離職防止対策・採用・人材育成に活かす ”やる気” 改革

●日時 2019年2月27日(水) 17:00 ~ 18:30

●対象 経営者、管理職、人事担当者

●定員 6名程度

●内容 離職防止対策・採用・人材育成に活かす ”やる気”改革について 

1) ”やる気”をマネジメントする
2)”やる気”UPするために ジョブクラフティングを取り入れる
3)組織のやる気スイッチをONにする 心理学を学ぶ

●講師 安藤美智子

●参加費 3,000円/人
 *当日、現金にて徴収致します。領収書は準備致します

●締切日時:開催日時の2日前までを締切と致します。

詳細、申込はこちらからお願い致します。

http://www.biznavi.co.jp/seminar/3335

 

大手通信企業:ジョブローテンションフォロー研修

本年から、上記のテーマで研修を担当することになりました!

メンタルヘルスでもよく聞かれるキーワード、レジリエンス、ジョブクラフティングを取り入れ

さらに、情動面でのアセスメントを組み合わせて、今後のキャリアを再構築していただく内容を作成しました。まずは、1回目終了。研修中も賑やかでワイワイガヤガヤと、主艇的にリソースを引き出しながら実践できました。私も、エネルギー頂きました。

 

受講生が前向きな組織は、今後発展していくと思います。そのためには、組織自体も今回ように現場の前向きな ”声” を拾って、どう、活かしていくのかがポイントだと思います。

 

詳細h、こちらをご覧くださいませ。

http://www.biznavi.co.jp/works/3328

 

2019.1.27

おはようございます。

2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化されるのはご存知のことかと存じます。

今までの、情報処理型思考でなく、これからの時代には、「プログラミング的思考」が求められるとも言われています。

プログラミング的思考を身につけることは、コーディングを覚えさせることではなく、コンピューターに意図する処理を実行させるためには、どのように指示すればいいのかを論理的に考える力が必要になってきているからです。

最近、その論理的思考をみにつけるのに、”レゴ” が見直されています。まずは、 何をつくるのかをイメージし形にしていきます。それを通じて、「成功した時と比較して何が違うのかを見つけ出す『観察力』、構造の強度を上げるなどの解決策を試行錯誤しながら探し出す『問題解決力』、そして、結果として、なぜうまくいったのかを考える『論理的思考力』が育まれます。

頭のトレーニングでやってみてはいかがでしょうか(^^♪

 

2019.1.26

本日は、主催セミナー「コミュニケーション講座」でした。

しかし、インフルエンザ―が流行っており、参加者が少なったので、急遽テーマ変更し、グループキャリアコンサルティングを実施しました。

 

現在、抱えていらっしゃる問題・課題を整理して、キャリアコンサルティングプロセスの手順で

自己理解、仕事理解をワーク形式で進めました。

 

短期の行動プランまで具体的にたてることができたので、次回、参加者の方々にお会いするのが

楽しみです。

 

2019.1.26

今週火曜日から4年担当させていただいる、研修がスタートしました。今年も、6月まで毎月、鹿児島に通うことになります。

まずは、入社1年目70名の方の「セルフコントロール研修」でした。

詳細は、こちらをご覧くださいませ。

 

http://www.biznavi.co.jp/works/3306

 

キャリアコンサルタントの役割

 何度も書いていますが、社会労働環境の変化に伴い、組織に依存せず個人が主体的にキャリアを磨き自身の雇用を確保し自立・自律することが求められる時代になっています。これまで企業主導型であったキャリア開発も、いまは個人の自己責任となっています。個人主導型のキャリア開発が求められています。

 

 企業研修でこのようなお話をすると、「反発があったり、今が楽しければいいし先のことは考えられない」とおっしゃる方もいます。それは、自立型の育成をされてこなかった環境のせいかもしれません。急激な労働環境の変化に戸惑いがあるのでしょう。こうした個人のキャリア開発やキャリア自立・自律に関するさまざまな相談にのったり、個人が主体的に考えることができるようにサポートしていくことは必要なことです。それが、キャリアコンサルタントの役割だと考えます。

 

 人は自分のことは自分が一番理解しているようで一番わかっていないのではないでしょうか。

自身のライフキャリアをキャリアコンサルタントと話をし、アセスメントを通して自己理解を促していきます。今後のキャリアの方向性に関する意思決定、キャリアデザインを可能にしていくためには、大きくわけると、①WANT ②CAN ③VALUE ④MUSTを明らかにしていくことです。

 

 要は、キャリアコンサルタントは、相談者が①何をしたいのか、どうありたいのか、なぜそれをしたいのか ②何に興味・関心があるのか 好きなものはなにか ③何ができるのか、強みは何か。弱みはなにか、特性は(能力、才能、知識、経験など) ④何を大切にしながら働きたいのか、生きていきたいのか ⑤役割はなにか、どんな責任があるのか、期待されていることはなにか(発達段階で相違がある)などの自己理解を促すことです。そして、相談者が主体的に意思決定していくことサポートをしていくことが役割です。

 

そのためには、自身自らが常に自己研鑽し続けることが求められます!

 

2019.1.21

福岡でキャリアコンサルタントの仲間と女性のキャリア支援をスタートして、  9年目です。東京での活動を足すと13年くらいになります。

今回は、30代から50代の方々が参加されました。

講座前の不安や悩みがなんと、グループワークと個別キャリアコンサルティングで整理できたり、”光”が見えたと大好評でした。

本当にちょっとしたきっかけで人生が変わることがあります。

 

子育て支援事業でご縁があった方々もそうでしたが、今でもご縁があり引き続き主催の講座に参加していただいています。先日、お会いした際に嬉しい言葉がありました。

講座をきっかけに、「パッと目が開いたみたいに、視界が変わりました!。今まで見えていた景色が変わったのです」と。

 

キャリアコンサルタントとしてカウンセラーとして、講師として本当にこの仕事をやっていて良かったと思えるお言葉でした。

 

下記はアンケートから抜粋しました!

 

・自分の考えをまとめる力が不足していると感じた。

・近い未来の自分を想像できました

・自分の働き方を再確認できたので良かったです

・この先の人生について、モヤっとしてしまう部分の現金が明確になりました

・自分が何をしたいのかがわかった

・和やかな雰囲気の中、自分の思いや考えにについて整理することができた

・まずは行動、行動をやめない、”やりたい”からスタートします

・話すことで”思い”がはっきりすると分かった

・漠然としていた自分のやりたいこと、興味のあることが形として見えるようになり、具体的になったことがとても良かった

アミカスタイムズ 第17号(2019年1月1日発行)掲載されました

2019.1.16

福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」は、男女共同参画に関わるタイムリーな話題を

分かりやすく伝えたり、男女共同参画の分野で活躍中の方やグループのご紹介をされています。

 

今回17号は下記の内容でした!

1面 ◆めざす社会 2面 ◆かたって!かたって!(八谷 まち子さん)

3面 ◆がんばってます。アミカス起業支援セミナー修了生 ◆Welcome!福岡市男女共同参画進サポーター  ◆男女共同参画 in English 4面 ◆相談室◆図書室◆サトシのゲットだぜ!◆読者投稿 

 

私は、福岡市男女共同参画サポーターで掲載させていただきました。

こちらから記事がダウンロートできます。

http://amikas.city.fukuoka.lg.jp/uploads/amikas-times017.pdf

よろしかったらご覧くださいませ。

 

2019.1.16

 

PTG(心的外傷後成長)を存知ですか?

長い人生において、自然災害、病気や事故、倒産、離婚など様々な出来事があります。そんな時、自分を責めたり頭の中は整理できず”心の中が”グチャグチャ” 混沌とした状態の「心的外傷後ストレス症候群(PTSD)が現われます。その治療に多くの心理学者や精神科医が取り組でいらっしゃいます。

 

PTSDからの回復、トラウマから成長に変わっていくことをPTG(心的外傷後成長)と言います。その方法として、ためずに「人に話す、書き出す」ことで自分と向き合いながら整理していく方法があります。

 

「人の話を聴く」まさに、カウンセラーとして大切な役割です。話す人、場がない場合は、

書くことで感情を吐き出すやり方もあります。

 

2019年 謹賀新年 猪年

2018.1.6

明日、1月7日から仕事がスタートしますね。皆さま、お正月はいかがお過ごしたでしょうか。

私は、故郷「神の国」宮崎でのんびり過ごしました。朝早く起きて撮影できた写真です。

このような景色を出会えたことに感謝しつつ、そして、地球の自然維持をお祈りしました。

 

今年は、キャリア・メンタル統合支援に向けて自身のスキルアップに向けて2つのことにチャンレンジします。朗報を報告できるように自己研鑽していきます。

また、『女性のキャリア支援活動』は、引き続き子育て中の女性の方々への社会復帰含め自律への支援、企業内で女性活躍推進、人材育成に関わっていらっしゃる方々へのサポーターとして、

お役にたてることも引き続き企画していきます。

 

ご縁を頂いた方に少しでもお役にたてるように精進して参りますので、本年もよろしくお願い申し上げます。

 

追伸:坂東 眞理子 : 昭和女子大学理事長のコメントです。

男女とも敬遠「女性管理職」への大いなる誤解」

詳しいことは、こちらごご覧くださいませ → https://toyokeizai.net/articles/-/256825

 

J`s倶楽部 キャリアコンサルタントと考える

『人生100年時代:ライフシフト』2019年1月29日

 

キャリアコンサルタントの仲間と女性のキャリア支援活動を行っています。

今年で9年活動しています。

福岡市アミカスのHPからも申込できます!または、左記のお問合せから申込くださいませ。
https://amikas.city.fukuoka.lg.jp/modules/eguide/event.php?eid=1007&fbclid=IwAR0vfshy86usYkxEimxdJ6IRx1aSUmsUgef6kECgEeUr2W7GlDsdAbGlxaU
2019-01-19 (土)

 


これからの自分を語るほっとルーム

~キャリア・コンサルタントと考えるあなたの働き方~

これからの自分の将来に不安を感じたり、生活とのバランスがとれなかったり…
そんな不安を独りでかかえていませんか?
同じ悩みを持った参加者同士で情報を交換したり、
気持ちを共有したりしながら、「ほっと」一息つける場所です。
ワークショップのあとは、女性のキャリア・コンサルタントに
個別キャリア

コンサルティングを行います。

あなたのよりよい働き方と生き方を一緒に考えてみましょう。
カフェでコーヒーを飲む気分で、気軽にご参加ください。

 

1月セミナー開催のお知らせ

【テーマ:職場での女性の活躍推進】

【目的】
女性活躍推進に伴い、研修等進めてきたけど現状うまくいっていない。女性社員・職員からはクレームが起きている等、担当者は、現状の問題に悩んでいます。そこで、女性社員・職員の方々に労働者不足の中、エンプロイアビリティを身につけ能力を伸ばし活躍してもらうためどうしていくかを検討していきます。

●日時 2019年1月28日(月) 15:30 ~ 17:00

●対象 経営者、管理職、人事担当者、女性活躍推進担当者

●定員 6名程度

●内容 女性の能力をどう伸ばしていくか、管理者育成について 

1) 社内で抱えている問題点を分析する
2)モチベーションを分析するやり方
3)社内で活躍してもらうためにどうしていくか

●申込、詳細はこちらごご覧くださいませ。http://www.biznavi.co.jp/seminar/3261

心理学を活かしたコミュニケーション講座

 心理学TA(交流分析)、NLP、DiSC他を学び、自己理解を深め人間関係を円滑にしていくコミュニケーション講座をスタートします。

 

対象者:コミュニケーションスキル向上を目指す方、職場での人間関係に活かしたい方

    子育てに活かしたい方、将来、講師を目指している方 他

 

日時は下記の通りです。 

 

知識編 Aコース *基本,第2土曜日予定しています

 

時間:10時~12時30分 曜日:土曜日 受講料:5,000円(税込) 

   ①1月5日 ②2月9日 ③3月16日 ④4月13日 ⑤5月11日 ⑥6月8日

 

*他者に伝える、自身で講座開催するためにしっかり学んでいただくコースです   

 

知識編 Bコース:*基本,第4土曜日予定しています

 

時間:10時~12時30分 曜日:土曜日 受講料:5,000円(税込)

   ①1月26日のみ 9時30分~12時

   ②2月23日 ③3月23日 ④4月20日 ⑤5月18日 ⑥6月9日

 

 *心理学を学び, 自身の抱えている悩み,問題を話し合い解決できるようにしていきます

 

■実践編

他者に伝える, 講義に活用するプログラムの立て方,プレゼン力,講師力を磨いていきます

    

実践編:①2月9日 ②4月13日 ③6月8日 土曜日 時間 13時30分~17時30分

受講料:8,000円(税込)

 

*ご興味・ご関心のある方は左記からお問合せくださいませ

 場所, 他詳細についてはご連絡致します