学生のための就活応援セミナー講演します!

北九州会社合同説明会

2018年7月18日(水)12:00~17:00

西日本総合展示場AIMビル3階展示場が開催されます。12時から13時まで講演します。    多くの企業が参加します。詳細はこちらをご覧くださいませ。

http://www.kitakyushucci.or.jp/recruit/ccigousetsu.html

 

2018.7.14

今日から三連休。梅雨があけて猛暑日が続ていますが、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、先週大雨にて延期になった『速読講座』です。

7年目になりますが継続しています。ありがたいことです。

速読は、情報収集するのにはぜひ習得したいスキルの一つでもあります。

詳しいことは、こちらをどうぞご覧くださいませ。

http://kitakyushu-palace.com/

 

2018.7.11 

月曜日から岡山へ。この大雨の影響で、研修が続行されるのか事前に確認し新幹線で向かいました。当日の受講生は半分になりましたが、今年で5年目になる『モチベーションコントロール研修』を実施しました。

研修終了後も質問・個別の嬉しい声かけをもらって、ちょっと高めの祭り寿司を購入し新幹線で博多へ。

 

研修は、演習が多くプログラムしています。知識をIN PUT ⇒  演習を通して体感 ⇒ 職場・現場でどう活かすかをポイントです。

 

■研修の目的は『自分を取り巻く様々な外的要因、内的要因より変化する自己モチベーションのコントロールについて、行動科学と脳科学の考え方を参考に、モチベーションのセルフコントロールの仕方について演習を通して習得』です。研修内容は下記の通りです。

 

■カリキュラム

 ・今まで気づかなかった自分発見!

 ●モチベーションのメカニズムとコントロール

 ・満足度を図ろう

 ・行動科学によるモチベーションのメカニズム

 ・モチベーションを高める要因・下げる要因

 ・モチベーションを高める思考術

 ●やる気の ”源”は

  ・これまでの自分のやる気を振り返る

  ・自分の特性・強み

 ●脳科学とセルフコントロール

  ・脳科学によるセルフコントロールの考え方

  ・自分の脳の使い方チェック

  ・脳を活性化し、モチベーションアップ  

     

2018.7.2

2018年も半月が経ちました。早いものですね。

最近特に、『ご縁の大切さ、有難さ』を感じています。

2014年からの投稿をみて、『維持していること、任期を終えたこと、変化があること、新しく生まれていること』を振り返りました。  そして、一つ一つが ”ご縁” によって紹介から仕事に繋がったり、お互いに切磋琢磨できる関係に発展しています。『自助・共助・公助』という言葉があります。 今後の活動が『公助』になっていくようにこれからも活動を続ける努力をしていきます。

 

活動内容は、”人材育成”を目指し、『キャリア開発、人間関係構築、メンタルヘルス』を軸としています。昨年から、女性活躍推進では『自律・自立したキャリアコンサルタントを目指す塾』をスタートしました。

 

企業との関わりも変わってきました。数年前から研修だけでなく、メンタル不調者の方へのカウンセリング、採用時での面談サポート、また、企業内キャリアコンサルタントとして年間を通して『人材育成プログラム』として担当することが増えています。

 

アセスメント・個別の面談を通して企業の問題・課題を整理します。課題解決を共有し、その組織にあった研修と個別キャリアコンサルティングをおこなっていきます。そして、人材育成、キャリア開発、防止を目指していきます。目標は、『組織と個人の共生』です

 

労働者不足に人材確保・そして人材育成するためには研修のみだけでなく、そこで働いていらっしゃる方々に対して個々にかかわることが必然となってきています。

 

アンド&キャリア塾受講生の声を掲載しました!

左記のアンド&キャリア塾にご案内しています!

ご興味・ご関心のある方はご覧くださいませ。

少人数で実施しています。

IN PUT&OUT PUTの実践型で力をつけていきます。

 

2018.6.29

鹿児島で『ビジネスコーチング&アンガーマネジメント研修』担当しました。詳細はこちらからご覧いただけます。

http://www.biznavi.co.jp/works/2893

傾聴をベースに、カウンセリングとコーチングの違いを理解していただき、『質問力』のポイントを重点にしました。下記は受講生の声です。

 

・自分で答えを引き出す質問を心掛けたい。
・感情のコントロールをしながら、相手の気持ちにも向き合いたい。もう少し他人に興味を持ちたい。
・相手の答えを聞きながら、次の質問を考えるを繰り返して答えを導くのはかなり訓練が必要だと思った。
・『やってはいけない』ことが明確になった。
・アンガーマネジメント、コーチングは現場で実施していきたい。
・自己分析をすることで理解が深まった。
・自分が今までやってきたコーチングの間違っていた点や思い込んでいた点が明確になった。明日から活用できるものも多く、大変勉強になった。
・日頃のOJT,半期毎の反省、面接に活かしたい。
・アンガーマネジメントは初めて聞く内容も多く、普段の自分のイライラすることに対してもう一度考えようと思った
・話し上手聴き上手になり、上司・同僚との信頼関係をつくり支店内が仕事がやりやすい環境を作っていきたい。
・固定概念から解放され新たな視点で物事が見えました。
・コーチングでは、質問力をあげるために相手をより観察していきたい。
・アンガーマネジメントの基礎を知ることができ、またコーチングで自分で答えを見つけることの大切さを学んだ。
・興味深く学べた。話し方、相手がどう感じるか等客観的に物事を考えさせられた。
・設問と質問の違いを理解して使い分けをしていきたい。
・まずは計画をたて行動をしていきたい。即、返事ではなく”間”をおきよく考えて言動に移していきたい。
・コーチングでは信頼関係、自発的な行動をするためにはどんなきき方が大切かが理解できた。
・簡単に身につくことではないが、すべて意識が大事である。高い意識、目標をもって普段から仕事をしていきたいと思った。
・営業でお客様から情報収集を行う上で非常に重要なスキルだと感じた。足りない部分を高めようと思うきっかけになった。

 

2018.6.23

2日間新任係長研修でした。

詳細はこちらからご覧いただきます。

http://www.biznavi.co.jp/works/2882

下記は『受講生の声』です。

 

・指導法の区別が大変参考になった
・日頃の自身が係長として十分に役割を果たしているのかを見つめ直すことができた
・自分の強み、弱みを理解できたので、業務にあてはめて具体性を持たせたい
・考えたこともない視点を学ぶことができた
・可視化することの重要性を感じた
・今日の学びを活かして、職場における問題点を挙げて書き出し、各項目毎に解決策を考察したい
・今日の学びを活かして、実際、課としての目標を定めて共有していきます
・リーダーの役割について再確認ができた。当たり前のことができていないことに気づいた
・達成意欲を高めるために1週間、1か月、年間の目標を決める(部下と一緒に考えたい)
・部下の成果は上司の成果ということを認識できた
・言い換えや共感等、話を聞く際の立ち位置など大変参考になった
・そもそもの信頼関係が大切であることが認識できた
・しぐさや相手に与える影響の必要性がわかったので、姿勢や態度を見直していきたい
・物事を伝える際に、5W1Hを意識して伝えるように努める
・自身の話し方、聴き方というところを振り返るいい機会になった、今後の部下・上司との良好な関係を築くために積極的に技法を活用していきたい
・上司・部下とのコミュニケーションに漠然と話しするのではなく、5W1Hを使ってより具体的にコミュニケーションすることでお互いの誤解が生じにくくなることを再確認できた
・仕事を依頼するときにはなぜ必要なのか、いつまでに必要なのかを意識しておこなう
・今回の研修を通して、自分が聴き手として相手に感情や共感等を伝える能力が大きく不足していることがわかった。また、それを自分が普段の業務の中でどのようにおこなっているのかを確認することができた。多くの改善点を発見することができた。

 

2018.6.13

TA子育て支援士合格しました!。現在、女性活躍推進の一環として、子育て中の女性の方に対して、TA講座を開催しています。

TAの発達理論と発達心理を踏まえ講座に活かしています。

TA子育ち支援とは、子育てにかかる者が、子ども自身のもつ「育つ力をまず理解して、それを最大限に発揮させる支援を通して子育てする「育てる力」を発揮することが、最適の子育てにつながるということです。

 一方で、子育てに携わる大人にも「自分育ち力」があり、子育てを通して親育ちが起こるとされています。しかも、必ずしも自身の子どもだけでなく、他人の子どもの子育てや、職場・近隣の先輩、仲間、後輩たちとの交流=育ちあいを通して、自分育ち支援と進むと、大人は成人期、中年期、高齢期といった段階を通して、生涯にわたる発達コースを歩み続けていく。とされています。(引用:白百合女子大田島先生)

 

2018.6.11

皆さんは、NHK朝ドラ「半分、青い。」をご覧になっていらっしゃいますか?。ドラマを見ていると、昭和と平成の生活の違いが明確です。公衆電話から携帯、家族の在り方など・・・時代の変化と共に変わらないもの、変わってほしくないもの、変わらないといけないものについて考えたりしています。

経済考証としてのコメントを見つけました!詳しいことはこちらです。http://president.jp/articles/-/25384 

 

本日は、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の歴史的な米朝首脳会議が10時からスタートするので、そのニュースが流れています。この会談で少しでも世界平和につながることを祈ります。

 

先日、福岡県女性活躍推進企業内研修1回目担当しました。テーマは、「男女共同参画社会・女性の働きやすい職場づくり」でした。昨年、福岡市男女共同参画推進サポーターを取得しました。今回は、男女共同参画についての法律、歴史、第3次、4次基本計画等、基本的な知識だけでなく、多分野(1.世界男女平等等ラインキング 2. 政治・経済における女性の参画状況 3.就業継続 4. 非正規労働・賃金格差 5.仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)6. 介護 7.結婚 8.貧困 9.配偶者等からの暴力(DV) 10. 高齢社会11. 地域活動 12. 防災)において、考え方・意識が必要であることをお話しました。世界男女平等度ランキングは2016年日本は144か国中111位です。経済、政治分野の参画が遅れているだけでなく、特に男女間の所得格差などにより経済分野が大きく順位を落としています

 

 

平成30年度福岡県子育て女性促進事業のご案内

平成30年度 (前期)福岡県子育て女性就職促進事業の募集が開始されました。
本年度は「パソコン初級科」「キャリアコンサルタント科」の2コースからご選択いただけます。

今年も「キャリアコンサルタント科」担当させていただきます。
詳しくは「無料説明会」へお越しください

詳細・申込はこちらからです。http://www.c-as.co.jp/

 

2018年度も女性活躍推進に向けた企業内研修担当します

いよいよ明日第1回がスタートします。企業様のニーズによりテーマは変わります。

福岡県が研修費を負担します。ぜひ、お問い合わせくださいませ。

お問合せは左記の問い合わせからお願い致します。

6月のビジネス月次セミナーのご案内

1)テーマ:経営者・管理者に役立つ:『職場で活かす心理学』の概要を学ぶワークショップです。

●日時 2018年6月30日(土)13:30~15:30

●対象 経営者、管理職、人事担当者

●定員 6名程度

●内容 離職防止対策・採用、人材育成に活かす心理学、アセスメントツールについて

1)『心のニーズ】をいかにつかむか
2)生産性は、「能力と意欲」の掛け算で決まる
3)採用(面接)ではわからないモチベーション, 意識, 価値観, 適性・資質
4)人材育成には、行動特性(コンピテンシー)がキーである

申込・詳細はこちらをご覧くださいませ。→ http://www.biznavi.co.jp/seminar/2826

2)テーマ:『女性活躍推進』についてキャリアコンサルタントと一緒に考えるワークショップです。

●日時 2018年6月30日(土)10:30~12:00

●対象 経営者、管理職、人事担当者

●定員 6名程度

●内容 企業にとって、女性を活躍させるべき理由は3つのことが挙げられています。
    ⓵人材不足社会の到来に向けて、質のいい人材を多く確保するため 
    ⓶多様化した顧客ニーズを満たすイノベーションのため
    ⓷成果と部下の満足度をもたらすリーダーを確保するため 
     その他、女性自身、顧客視点からのメリットも理解し、女性活躍促進において
     どのように進めたらいいのかを考えていきます。

1)企業の問題・課題の整理
2)企業側・女性自身・顧客視点からのメリット
3)女性活躍推進を促進するにあたって具体的にどうしていくのか

*申込・詳細はこちらをご覧くださいませ。→ http://www.biznavi.co.jp/seminar/2832

2018.5.13

人口知能関係の情報は気になっています!。

専門書を購入しますが、なかなか専門すぎて難しいですね。

そこで、今月から大学もスタートしたので、5月は簡単に読める書籍を選びました。読みやすいのでご案内いたします。

BSでのビジネス書では1位になっているのも、落合陽一x堀江貴文対談「10年後の仕事図鑑」です。

2018.5.23

今週は日曜日から火曜日まで鹿児島出張でした。

中間管理職対象「セルフマネジメント&アンガーマネジメント研修」「傾聴スキル&アンガーマネジメント研修」担当しました。

詳細はこちらをご覧くださいませ。一部感想をご紹介します!

傾聴スキル法を知りロールプレイ実践をしていく中で、話を聴くことの効果を体感することで理解できた。
・ロールプレイを通して傾聴の難しさと有効さを感じることができた。
・社会的にも自分の周囲において様々な変化は起こっている。相手を受け入れ聴く力、怒りの感情を抑えるアンガーマネジメンは大切である。自身としても伸ばしていきたい。
・傾聴技法については種類を学びたので、仕事に役立てたい。
・身内にもアンガーマネジメントの概要を伝えたい。
・業務をしながら、話を聴いてします事が多いので、相手との距離や非言語コミュニケーションを意識していく。
・傾聴スキルは上司や後輩だけでなくプライベートな場面でも使えると思った。
・研修後、今回のテキストを見直して、常に意識しながら実践していきたいと思った。
・価値観が違って当たり前という考えをもとに、傾聴ができるように心がける。
・自分の許容範囲を広くもって人と接して行動をしていかないとと思った。
・恣意性、曖昧性、抽象性にきをつけて、いつでも自分自身純粋性をもって人と対話する。
・本日の研修内容を身近な人に話して会話してみる。
・怒りの感情はただ、我慢と思っていた。それではイライラが堪るばかりなので、自分にとっての「~べき」だったり、他者との違いを理解することができコントロールするやり方を学べてよかった。
・相手が話す時、自分の思考や枠組みにとらわれた聴き手にはならず相手の話を無条件で聴きいれるような雰囲気を作ってた対話したい。
・今まで自分が良いと思ってやったきた事を見つめなおす機会になったので良かった。
・今までは自分が意識していないうちに、相手の会話の間に口を挟んでしまったりしていた。相手の話を最後まで聞く。受け入れることを今後おこなっていきます。他

 

■セルフマネジメント&アンガーマネジメント研修

 http://www.biznavi.co.jp/works/2809

 

■傾聴スキル&アンガーマネジメント研修

 http://www.biznavi.co.jp/works/2811

 

一般社団法人 教育のための科学研究所の紹介

 「読解力」大丈夫かしら!と思われている方にご紹介!

 21世紀の知識基盤社会では一生を通じて知識やスキルを学び続けることが必要となり、そのためには義務教育である中学校の教科書の内容を正確に読み取る力が重要な基盤の一つであると考えます。

 また、デジタライゼーションにより新たな職業が創出される一方、日本の労働人口の約49%が就いている職業が10~20年後には人工知能やロボットなどで代替可能になるとの推計結果も出ています。こうした時代の変化に即して教育をデザインするためには、特定の理念やいくつかの成功事例だけでなく、大規模で客観的なデータに基づく科学が必要です。しかし、ひとつの研究グループや企業が収集できるデータには限界があるため、教育に携わる公的機関、企業、団体、研究者の幅広い連携が求められています。

 このような背景から、知識基盤社会において核心的な学力である「読解力」を科学的に診断し、人々、特に次世代を担う子どもたちの読解力を高め、日本の教育の質的向上に取り組むため、以下の活動を産学協同で行う、「教育のための科学研究所」の設立準備のための協議会を組織し、活動して参りました。(*1)。

  1. 生徒が教科書の内容を正確に読み取れる力を測る 「RST」を企画 ・実施し、テスト結果のデータに基づいて「なぜ読めないのか」という理由を分析する。
  2. 読解力の高低に関する要因の特定、診断方法の開発等を通じて欠けた部分を補う教育方法を考案し、読解力を向上させる。
  3. 「RST」の実施結果に関するデータベース等の作成および開発支援を行う。

(引用:教育のための科学研究所)

 詳しくは、こちらをご覧くださいませ。https://www.s4e.jp/about-s4e

2018年の女性活躍推進の活動について

女性活躍推進の活動について整理してみました!。

 

1.企業

 対象:女性管理者・管理者候補・女性社員

 目的:組織内での女性管理者育成、女性のキャリア開発(意識改革・自己理解)

    研修及び個別のキャリアコンサルティング・メンタル面でのサポート実施

 

2.キャリア塾 

 対象:キャリアコンサルタント

 目的:研修講師・コンサルタントとして自律・自立を目指し育成指導

 

3.TA講座 

  対象:子育て中のお母さま、仕事と子育て両立中のお母さま

  目的:交流分析、発達心理を学ぶことで子どもとの関わり、家族・職場での人間関係に活か

     していただくための講座 

    *受講生の振り返りを左記のTA講座(振り返り欄)にお書きしています。

     ご興味・ご関心がある方はぜひ、一読してくださいませ 

 

4.J`s(自律・自立)支援倶楽部

  対象:キャリア形成で悩んでいらっしゃる方対象

  目的:一人で抱えこまずにキャリアコンサルタントと一緒に問題を解決していくことを

     目的とし、キャリアコンサルタントの仲間との市民活動

     キャリア・メンタル面でのサポートを実施

 

5.個人のキャリアコンサルティング

  対象:経営者、管理者、独立を目指してる方、キャリア形成に悩んでいらっしゃる方他

  目的:問題・課題を明確にし、寄り添いながら一緒にキャリア形成の実現、また、

     目標達成に向けてキャリアコンサルティングの実施 

 

6.福岡県女性活躍推進に向けた企業内研修担当 他

 

*ご興味・ご関心のある方は、左記の問い合わせからご連絡くださいませ。

 

福岡県女性活躍推進に向けた企業内研修に講師担当します

福岡県の企業や団体が、女性の登用推進や働きやすい環境整備を進めるために実施する社内研修会または管理職向け研修会実施致します。昨年に続き講師を担当致します。

社内研修を検討されている企業の皆さんは、事業の利用をぜひご検討ください。

詳しいことはこちらをご覧くださいませ。http://plus.asubaru.or.jp/93433.html

 

2018.5.13

昨日は、キャリア塾そして、本日は、女性活躍推進子育て支援TA講座でした。午前の部と午後の部で2回。

毎回、前回の振り返りと宿題について整理し、そして今回のテーマを

実施いたします。個人作業・ワークを通して”気づき”を大切にしています。最後は、具体的に学びをどう職場・家庭で生かすが行動レベルで整理します。2時間30分があっという間に終わります。

毎回、私は、受講生の方々からたくさんの”ストローク”をもらっています。感謝!感謝!です。

 

5月の月次ワークショップのご案内

■テーマ:

『女性活躍推進』についてキャリアコンサルタントと一緒に考えるワークショップです。

 

●日時 2018年5月25日(金)18:00~19:30

 

●対象 経営者、管理職、人事担当者

 

●定員 6名程度

 

●内容 企業にとって、女性を活躍させるべき理由は3つのことが挙げられています。
    ⓵人材不足社会の到来に向けて、質のいい人材を多く確保するため 
    ⓶多様化した顧客ニーズを満たすイノベーションのため
    ⓷成果と部下の満足度をもたらすリーダーを確保するため 
     その他、女性自身、顧客視点からのメリットも理解し、女性活躍促進において
     どのように進めたらいいのかを考えていきます。

 

詳細または、申込はこちらをご覧くださいませ。→http://www.biznavi.co.jp/seminar/2786

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■テーマ:

社員の離職を考える:キャリアコンサルティングの活かし方を考えるワークショップです。

 

●日時 2018年5月29日(火)18:00~19:30

 

●対象 経営者、管理職、人事担当者

 

●定員 6名程度

 

●内容 離職防止対策として、キャリアコンサルティングをどう活用するか

1)組織の問題・課題の整理
2)企業内キャリアコンサルティングとは
3)事例検討

 

詳細・申込はこちらをご覧くださいませ。

→ http://www.biznavi.co.jp/seminar/2771

 

よろしくお願いいたします。

2018.5.9

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

私は、九重の山に1泊2日でいってまいりました。

野鳥のさえずり、天然の温泉、芽吹き、木洩れ日・・と自然を満喫し、しっかり自然からエネルギーをチャージしていきました。

5月は中旬から7年目担当担当させていただく大学のキャリア形成の講義もスタート致します。

さて、おすすめ本をご案内いたします!『21世紀の心理療法』です。

現在行われている心理療法諸学派の最も代表的な治療者たちが米国アリゾナ州フェニックスで一堂に会し、相互交流を目指して行った講演・討論の記録。精神分析から行動療法までそろっています。

 

2018.4.29 ②

今日は、交流分析(TA)講座です。

昨年からスタートした、交流分析(TA)講座は、大変人気が高く親子・夫婦、友人、職場での上司と部下との関係言わば、人間関係をうまくやっていくために必要なヒューマンスキルを学ぶことができます。

 

流分析は、精神分析の創始者として有名なフロイトの流れをくむ、アメリカの精神科医エリック・バーン博士により開発された。人間関係や人の行動を理解するための理論と自己変容の技法です。 交流分析の哲学は、「人はだれでもOKである」「人はだれでも考える力を持っている」「人は自分の生き方を自分で決め、それをいつでも書き換えることができる」というものです。

パーソナリティ理論で、対人コミュニケーションのあり方から自分の心の状態を知り、自分の感情、思考、行動を変えるものである。「人は自分の運命を決め、そしてその決定を変えることができる」と考え、自分の自律性を高めることで、人や状況への適切な対応が選択できるようになることを意図としています。

7つのジャンル (1、ストローク(ふれあい)2、自我状態(心の成り立ち・エゴグラム 3.やりとり分析(コミュニケーション)、4人生態度(人生の基本的立場)、5.心理ゲーム 6.時間の構造化(時間の過ごし方)、7人生脚本(自分で描いた人生のシナリオ)とあります。

 

交流分析のゴールは、自律性の獲得です。。”自律” とは、心を縛っているものから自由になること。そのためには、人との関わりを通して「今ここで」自分がどう考え、感じ、行動するかをじっくり観察し、それが自分を生かすことに有効かどうかを検証していく作業が必要です。

 

詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

NPO法人交流分析協会のHPです。 https://www.j-taa.org/ta.html

 

現在の講座は、子育て中のお母さま対象、講師を目指されている方対象2つに分かれて実施しています。本日は、講師を目指されている方対象の講座です。

 

子育て中のお母さま対象の講座は、毎月第2日曜日午前10時か12時30分、午後の部は13時30分から16時予定です。

 

<具体的な日時> *8月はお休みしています。

5月13日、6月10日、7月8日、9月9日、10月14日、11月11日、12月9日

 

キャリア塾では、キャリアコンサルタントとしてどうTA(交流分析)を活用するか。

また、月次セミナーでは、職場の人間関係・マネジメント・コミュニケーション(上司と部下・同僚)に活かす内容で実施しています。

 

ご興味のある方は、左記の問合せからご連絡くださいませ。

 

2018.4.29

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

みなさまは、どんな連休を過ごされますか?

私は、4月28日、29日とセミナー、5月にはいって「断捨離」と「休養」予定しています。

昨日は、「速読講座」を13時から17時まで実施しました。昨日は、中学2年生、3年生から70代また、親子、サラリーマン、OL、自営業他と受講生が幅広くとても楽しく賑やかな講座となりました。また、訓練前と後の計測では、読書速度はもちろんのこと検索能力、眼筋力もあがり満足度が高い結果でした。私も、”オロナミンC”を飲んで挑んだ甲斐がありました。

 

受講生の目的は、資格試験、受験、ボケ防止と様々です。”速読講座”を実施するたびに、人間の脳の可能性に驚かせられます。”素晴らしい”そして、自身を信じることが一番大切だ!と毎回のように感じます。

 

次回は、7月7日(土曜日)13時から17時北九州パレス予定です。

http://www.kitakyushu-palace.com/

 

ご興味のある方は、北九州パレスに申込くださいませ。

お会いできるのを楽しみにしています。

 

 

2018.4.28

今日から、ゴールディンウィークですね。天気も良くていい休日が過ごせそうですね。

さて、ここ数年「人材育成」に関して組織からのニーズが変わってきています。以前は、集団面接が主でしたが、現在は、企業研修と個別キャリアコンサルティングを実施しています。組織での問題・課題を明確にし共有していくことで、人材育成の側面から生産性を上げる、働く人が働きやすい職場をつくる、適材適所、社員の能力を上げる、チームビルディング力を高めていくことにつなげていきます。中小企業の経営者の方々からも若者の離職を防ぐためにどうしたらいいかなどの相談が増えています。組織によって、”働き方改革”の在り方は夫々に違います。やるべきことを一律でなく、自社の問題・課題をまずは明確にしていくことが必要です。

 

今年1月から鹿児島での研修が続いています。4月は、「セルフマネジメント&アンガマネジメント研修」、「傾聴スキル&アンガーマネジメント研修」を実施致しました。

 

■ アンケートには、”気づき” と ”どう行動に移すか” 整理されていました。

・うまく傾聴することで相手への安心感やストレスの緩和、信頼関係も築けると知った。
・認められない人も認める努力をしようと思った。
・スタッフの声を聴き、スタッフが自信を持てるように行動する。
・自分の意見を押しつけるのではなく、周りの声をしっかり聴いてお互いの信頼関係を作る。
・今まですべて自分が考えたことが正しいと思っていたことをやめる。人の意見を取り入れる。
・今、問題として抱えていることに対してすごく効果的な抗議であった。
・毎朝、トイレで傾聴のポイントを整理する。
・今回、講義を受けた内容「傾聴スキル」を身につけ、次のステップも知りたい。
・「聴く」とう一つの行動がコミュニケーションやチームワークにとても重要であると思った。
・怒りやイライラの行動のコントロールもしっかり意識して行う。
・自分の固定観念や先入観にとらわれているということを意識する。
・許容範囲を狭くせず、広げていけるようにしていく。
・「傾聴」は、何度も繰り返し実践していかないといけないという認識をした。
・非言語の部分を上手にくみ取って次につなげるようにしたい。
・アンガーマネジメントでは、自分にあった方法のコントロールの仕方をみつけていきたい。
・年々、怒りを感じるようになっていたのでアンガーマネジメントにとても興味を持った。自己診断が役に立った。
・「傾聴」における具体的な技法やその練習を行えたことがとてもよかった。
・「傾聴」や「アンガーマネジメント」を理論的に学習することができて、今後のセルフコントロールに役立たせることができそうだと感じた。
他 

5月も ”気づと ”行動変容”に役たてる研修を実施していきます。

 

詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

・傾聴スキルとアンガーマネジメント研修 ⇒ http://www.biznavi.co.jp/works/2737

・セルフマネジメントとアンガーマネジメント研修⇒http://www.biznavi.co.jp/works/2735

 

2018.4 .19

2018年度も「北九州パレス」で速読講座担当いたします。第1回は、4月28日13時から17時までです。本をたくさん読みたい!、資格試験取得に活かしたい!積んである本を網羅したい!他

ぜひ、ご活用くださいませ。 詳しいことは、北九州パレスのHPをご覧くださいませ。   → http://www.kitakyushu-palace.com/

2018.4.6 ラジオ出演しました

詳しくはこちらからご覧いただけます(^^♪。https://www.facebook.com/449512448550096/photos/a.449517995216208.1073741827.449512448550096/994512727383396/?type=3&theater

 

4月のセミナーのご案内

①テーマ:女性活躍推進:女性のための右脳型問題解決

●データー分析などの左脳型の問題解決型ではなく、3つのポイントを生かしながら右脳を使って解決していくやり方を学ぶワークショップです。

1)悩み・問題点をつかむ
2)アイデアを広げて絞る
3) 形にしてトライする

               
●日時 2018年 4月10日(火)18:00 ~ 19:30
●対象 女性管理職、女性管理職候補、人事担当者

●定員 6名程度

●参加費 3,000円/人

 

*申込・詳しくはこちらをご覧くださいませ → http://www.biznavi.co.jp/seminar/2624

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②テーマ:若手社員の離職を考える

●若者の離職防止対策として、キャリアコンサルティングの活かし方を考えるワークショップです。

1)組織の問題・課題の整理
2)企業内キャリアコンサルティングとは
3)組織への活かし方について

 

●日時 2018年4月27日(金)18:00~19:30

●対象 経営者、管理職、人事担当者

●定員 6名程度

●参加費 3,000円/人

 

*申込・詳しくはこちらをご覧くださいませ → http://www.biznavi.co.jp/seminar/2627

 お気軽にご参加ください!

 

2018.4.4

4月を ”色”に例えると、やはり”桜色(ピンク)” がなぜか浮かびます。昨日は、新人研修でした。今年で4年担当しています。70名近くの新社会人と出会いがありました。5月からは大学での講義がスタートします。毎年、新人研修、大学、専門学校、サポートステーション等で若者との出会いがあります。感じることは ”世代の”違い”  です。

 

1980年以降に生まれた世代は「ミレニアル時代」と言われています。

その前の世代の価値観と違います。ミレニアル世代は比較的裕福になった時代でもあり、お金や出世などに興味を持ち難い世代でもあります。

 

face-bookのCEOザッカーバーグのスピーチでこんな言葉がありました。『私たちはミレニアル世代なんだから、自分の人生の目的を見つけることは本能的にやっているはずである。そうじゃなくて、「自分の人生の目標(意義)をみつけるだけでは不十分であり、僕らの世代にとっての課題は、「誰もが ”人生の中で目的(意義)を持てる世界を創りだすこと」そして、この社会を前に進めること、それが僕ら世代の課題である。

新しい仕事を作るだけじゃなくて、新しい「目的」を創り出さなくちゃいけない』・・・・。

 

まさに、これからは ”レゴ型” の時代ですね。

あらゆるものが満たされた世界では、この人生の意義や目的が「価値」になってきているということです!。

 

欲求が変化する中、『キャリアコンサルタントとしてどう役に立てるか』と問うてみると、内的キャリアを重視し内面的な「価値」に重きを置き、人生の意義を見出せるようにしていくことかと考えます!

 

2018.3.29

いよいよ3月も後3日となりました。この時期は、節目の時でもありますね。終わりがあれば、新しく何かがスタートする時期でもあります。”転機”とも言われています。

 

3月は、企業での研修以外に防府でキャリアコンサルタントの方々への養成講座を担当いたしました。3回に渡り面談で活用できる心理療法を学んでいただき、現場でどう活かしていくかという内容で組立しました。実際、受講生の方は、現場での面談に照らし合わせて進めると、知識がようやく腑に落ちたように感じました。さらに数をこなしていきながら目の前の相談者の方々一人ひとりに沿ったキャリアコンサルティングができることを期待しつつ終了致しました。

 

さて、厚生労働省から『キャリアコンサルタントの能力要件の見直し』が発表されました。

詳しくはこちらです。→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000199219.html

キャリアコンサルタントに求められる社会的の役割について、その拡大・深化を踏まえ、関連制度・施策の効果的運営、「働き方改革」や「人生100年時代構想」など の変化に伴い、キャリアコンサルタントの役割が重要になってきたいると記されています。

 

益々、キャリアコンサルタントとしての能力・スキルを高めていく必要がでてきました。

昨年から、自立できるキャリアコンサルタントを目指して、”キャリア塾”を開催しています。

遠方の方には、個別の対応もしています。

ご興味のある方は、ぜひ、お問い合わせくださいませ。問い合わせ先は、左記の問い合わせから

お願いいたします。

 

2018.3 .18

昨日は、「ストレスマネジメント研修」を担当させていただきました。対象者によって内容も変わってきます。何を目的として参加されているのか、普段が産業と教育の場が専門としてやっているので、それ以外の場での講義などでは、一番に何の為に参加されているのか?をお聴きするようにしています。テーマによっては、集団の講義や研修だけでは難しく個別の対応が必要になってきます。研修・講義後に個別の対応ができたらなーと思うことが多々あります。

 

さて、3月は節目の時期でもありますね。4月から新人研修がスタートします。最近では、新人研修の内容に「ストレスマネジメント」を入れて欲しいという依頼もあります。

昨年から某企業様で内定研修4回に渡って担当させていただきました。ほかの研修と違うのはやはり”伸びしろ”を感じることです。学びたい!とう姿勢は、初心を思い出せてくれます。

ストレスに関する考え方も変わってきました。

こちらを参考までにご覧くださいませ→http://digitalcast.jp/v/18693/

 

2018.3.12

今週土曜日3月17日14時から16時まで、北九州パレスで「ストレスマネジメント講座」担当させていただきます。申込は、北九州パレスへお願い致します。

2018.3.9

自治体でのキャリアデザイン、園長先生対象の部下育成研修、本日は、

女性の就労支援と研修が続いています。

「人材育成」をなぜするのか。もちろん、人を育てること、それが、

個人と組織の成長と発展に繋がることを目的としています。依頼先の担当者の姿勢、情熱は中長期で企画されているその”目的を成し遂げる”のに必要なことだと実感しています。

 

さて、昨日は、国際女性ディーでした。世界各地でデモ行進が行われました。国際女性ディーは1908年に、ニューヨークで女性たちが婦人参政権を求めるデモ活動を開いたのが起源といわれています。1975年には国連が3月8日を正式に「国際女性デー」と定め、毎年世界中で女性向けのイベントが数多く開かれるようになりました。日本では、じつはまだまだ男女の格差が大きく残っています。『無意識のバイアス(偏見)』が根強いと考えています。

 

世界経済フォーラムが発表した2016年版「ジェンダー・ギャップ指数」では、日本は世界144カ国中111位(=世界で34番目にジェンダー・ギャップが大きい)となっています。

また、報告書では、専門的・技術的職業や政治家や政府高官、管理職などに就く女性が少ないことが指摘されています。

働く女性は5年間で200万人増加。子育て期に就業率が下がる「M字カーブ」現象も解消されつつあります。しかし、非正規女性の増加が数字を上げている面もあり、企業の女性管理職比率は12.1%(平成16年度)、役員比率は3.7%(平成17年、上場企業)にとどまっています。

大卒女性の就業率が低いのは、仕事と生活の両立が難しく、結婚・出産での退職が多いこと。再就職先はパートタイムや定型業務などに限られがちで収入も低いという現状があります。

6年程、子育て中の女性対象の就労支援(福岡県)で講座などをしているとその点は実感しています。今までのキャリアを活かせる仕事に就きにくい現状があるということです。

女性活躍推進で多様な価値観を組織に取り入れると企業の競争力は高まると思いますが、現状は、進んでいません。先進国が取り組みを急いでいるなかその遅れは、日本企業のグローバル市場で戦う上においてマイナスになっていくことでしょう。

 

2018 .2.27

公園での亀との遭遇、陽がさす窓際で日向ぼっこをする我が家の猫たち等至るところで”春”を感じています。みなさまはいかがでしょうか。

若年者の対象のコミュニケーション・セルフマネジメント研修、女性の方々のキャリア支援セミナー、企業での研修が続いています。

 

チーム力を高める、モチベーションなどの研究は1900年から行われています。職場が働きやすい環境であることは、生産性をアップすることは研究データーとしても発表されています。”効率化”を求められているからこそ、同じ職場、お客様への”配慮”が相手の立場になって考える、相手の価値観を受け入れることは大切なことです。

”余裕”がないと、なかなかそのような”配慮”が出来難いです。少し、”脳”を休める時間をとって

ボーとする時間をお勧めいたします。

さて、キャリア塾では、定期的に自由討論をしています。現在のテーマは『新・日本の階級社会』です。もはや「格差」ではなく「階級」豊かな人はより豊かに、貧しい人はより貧しく・・日本型階級社会の実態をデータを通して実情を明らかにしています。

 

2018.2.23

本日は、福岡市アミカス主催『お仕事再開応援フェスタ』レッスン8を担当させていただきました!

満席でした。有難いことです。キャリアコンサルタント養成講座の受講生も参加してくれていました。参加者全員意欲的で、”ワイワイガヤガヤ” とあっという間に時間が過ぎてしまいました。

帰り際には、相談事や嬉しいコメントをいただきました。昨日に続き、沢山の”ストローク”で幸せな一時でした。”ストローク”は、最高のご褒美です!

 

2018.2.22 女性向け働き方セミナーIN 久留米

本日の午前中は、『これからの働き方を考える!』をテーマに講演させていただきました。帰りに受講生の方々から、受講前の ”モヤモヤがすっきり” しました!と声をかえていただきました。お役にたてたようで私も”ホッと”しました。

次回は、3月9日(金曜日)宮若市中央公民館15時から担当致します。

 

2018.2.21

日曜日から2泊3日で鹿児島出張でした!。1月から担当させていただいている若年者(入社1年、2年目)の方への研修です。

これからは益々、対人スキルが求められる時代です。知識とスキルを学び、どう現場・職場に活かしていくのか体感型で実施いたしました。1日ではありますが一生懸命伝えさせていただきました。今回で110名の方が受講されました。3月まで同じテーマで担当させて頂きます。毎回、違う受講生の声を聴くことができ私も学ばせていただきています。

 

*受講生の声をご案内させていただきます。

・自分にも余裕をもちながら相手のことを考えることを実践してきたいと思った。そのためには効率よく仕事をしていくよう工夫していきたい
・現場の場面や職場環境にあてはめて考えた時に、どうしてそうなったのか、どうすれば良かったのかを改めて考えるいいきっかけになった
・主張が苦手なので、発言のチャンスがあれば上司や先輩方にも発言していきたいと思った
・自分自身、一年間で悩んでいることだったので、この研修で少し考えが変わった。しっかり考え・発言し行動するよう心がけたい
・相手によって自分の立場をどうニュートラルに表現できるか考えてみる。落ち着いて考える、論理的に考えるようにしていく
・上司に相談する時は、思いつくままに言うのではなく、5W1Hなどを使い相手の状況も考えながら伝える
・特に店舗が忙しいくてイライラしている時などは、対応がどうしても冷たくなってしまうので、そんな時ことNPを意識したアサーティブな対応を心掛けたい
・異なる価値観を体験して、今の自分の価値観は省エネだと思った。もう少し、自己表現を豊かにしたい
・今まで主観的に話す事が多かったので、相手の意見を取り入れて思いやりを持って話をしたい
・自分自身の改善すべきところは気づいていたが、どう改善したらいいかわからなかった。しかし、そこを知ることができて有意義だった
・まずはお客様の意見をしっかり聞き入れ、その上で否定的にならずに話をします
・相手に何かをいう時(注意する時)に言い方を考えて、攻撃的にならないようにする
・今回の研修で知らないことを知ることができた。チームワークには相手を思いやることが大切であることを学べた
・自分の理解、他者への伝え方を学べ、今後部下ができた際に良好な関係性を築きチームでの生産性を高めたい
・どのような状況でも悪い方向に話がいかないように最善の会話ができるように意識していく
・数字が上がらないのはなぜなのか具体的に理由を述べるようにする 他

2018年 アミカスお仕事再開応援フェスタ昨年に続き担当します!

2018.2.14

福岡市男女共同参画サポーター登録しました!

ご縁があって昨年6月から養成講座に参加していました。

今回、男女共同参画についての学びは大変有意義でした。

今まで、企業・教育が専門でキャリアコンサルタントとして活動をしていましたが、あまりご縁がなかった ”地域” というフィールドでの活動の場でどうかかわっていくのかこれから模索します。

 

市民活動としては、福岡での女性のキャリア支援活動も8年目です。

よって、できる範囲でしか活動できないかもしれません。

男女共同参画社会が目指しているのは、一人ひとりが個人として尊重され、女性にとっても男性にとっても、今よりもっと可能性が広がり暮らしやすい社会です。これって、組織と個人の共生を目指している私にとっては、個人のキャリア自律と同じだなーと感じています。

 

2018.2.1

2月の公開セミナーのご案内です。主催セミナーは、別途、非公開のセミナーも実施しています。現在、非公開セミナーは、TA(交流分析)のワークショップ、キャリアコンサルタント、または、キャリアコンサルタントを目指していらっしゃる方対象の ”キャリア塾” を実施しています。ご興味・ご関心のある方は、左記の項目の「お問い合わせ」からご連絡くださいませ。お待ちしています。

 

★ー2月セミナー開催のお知らせー★ テーマ:若者の離職対策

入社3年で3割の若年者が離職しています。人手不足時代に、せっかく入社した有望な若手社員が離職しくのは防ぎたいものです。なぜ、離職していくのか、問題・課題を整理し経営者・管理者の立場から一体どのような対策を立てればよいのか考えるワークショップです。
             
●日時 2018年 2月27日(火)18:00 ~ 19:30

●対象 経営者、管理職、人事担当者

●定員 6名程度

 

申込・詳しい内容はこちらをご覧くださいませ→http://www.biznavi.co.jp/seminar/2552

 

★ー2月セミナー開催のお知らせー★ テーマ:女性のためのダイバシティーマネジメント

管理者として部下・自分自身のマネジメントをどうしていったらいいのか、管理者自身の個性を活かしながらダイバシティーマネジメントに必要な能力・スキルを意見交換しながら学ぶワークショップです。
             
●日時 2018年 2月21日(水)18:00 ~ 19:30
       
●対象 女性活躍推進担当者、女性管理職、女性管理職候補、人事担当者

 

申込・詳しい内容はこちらをご覧くださいませ→http://www.biznavi.co.jp/seminar/2550

 

問題・課題を引き出し、一緒に解決策を考えていくワークショップスタイルで実施しています。

 

2017年、九州経済産業局における地域中小企業・小規模事業者の人材確保支援事業として、『女性向け働き方セミナー』を4回担当いたします。2月22日 久留米シティプラザ4階です。自身のキャリア、今後の働き方、転職などで考え中、悩んでいらっしゃる方どうぞ、ご参加くださいませ。よろしくお願い致します

2017 .1.24

雪の影響で本日午前中の研修が3月に延期になり、ちょっとゆっくりできています。ありがたや~ありがたや~。今年のテーマの一つに「余裕を持つ」を掲げてます。『時間に余裕、心に余裕』を持つことで”相手に、自分に仕事に丁寧に” をモットーにしています。

 

最近、管理者、経営者から若年者の方への指導をどうしたらよいのかわからないという相談が増えてきています。研修だけでなく個別対応も含めてです。

今回は、入社1年、2年目20代対象に「コミュニケーション研修:他者とどう関わっていくのか」というテーマでの研修でした。詳細はこちらに書いてあります。ご興味ご関心のある方は、ご覧くださいませ。→ http://www.biznavi.co.jp/works/2532

 

日本経済団体連合会が2016年度に行った調査では、企業が採用選考活動で重視している上位の項目は、①コミュニケーション力、②協調性、③主体性です

この項目が挙げられるのは10年以上前から大きな変化がありません。しかし、IT人口知能が進む中、組織自体が「生産性の向上」から「創造性の発揮」へと変化を求めらています。価値観の異なる相手とも相互理解し、双方向で学びあえるコミュニケーション力、多様性を尊重し、異文化を受け入れながら組織力を高める協調性、課題を率先して実施する主体性、自ら課題をみつけ、チームを作って解決する力が必要とされています。

現状は組織が求める能力・スキルと若年者の実態が乖離してきています。若年者の対人スキルをアップしていくためにどうしていくのかが益々課題になっています。

管理者、経営者、人事担当者対象にそのような課題を一緒に考えるワークショップ主催しています。詳細はこちらです。→ http://www.biznavi.co.jp/seminar/2361

2018.1.17

昨日、2年目10か間亘る「ヒューマンスキル演習」が終了しました。来年度も引き続き3年目になりますが、1年生担当させていただくことになりました。

この時期になりますと、新人研修、内定研修、そして大学での講義

が増えてきます。大学生を含め10代後半から20代の方々にお会いする機会は、研修、大学、専門学校、サポートステーションを通して毎年あります。傾向としてみえてくるのは交流分析の視点から、第2の立場(I'm not OK , You are OK)の態度、第3の立場(I`m OK , You are not OK)での態度が両極端に表れているように感じます。基本、人間は瞬時に4つの態度を行き来しているわけですが、特に、その立場をよく使っているということです。よって、コミュニケーションに問題があり、人間関係をうまく築けていけないという結果になります。       

                                           今週は、大手企業で「ハラスメント研修」を担当しました。基本知識だけでなく、なぜ、ハラスメントが起こるのかそもそものことをしっかり押させてほしいという依頼でした。ハラスメントを起こさない職場にしていくためには、第一の立場(I'm OK, You are OK) お互いの尊重しあうことが基本です。”頭”でわかっていても”感情”がついていけないのが実情です。

 

よって、まずは”コミュニケーションスキル”知識と習得、そして、頭と感情を分けるトレーニング等、実践などが必要になってきます。

 

2018年も「交流分析の勉強会」実施しています。人との関わり方について学びたい方、また、それを活かして現場に活かしたい方はどうぞ、お問合せくださいませ。

 

1月28日は13時から15時30分予定しています。

ご興味ご関心のある方は、左記のお問合せからご連絡くださいませ。

 

2017.1.9

1月の講座の案内です。テーマは、『離職対策を考える若者のモチベーション』

入社3年で3割の若年者が離職しています。人手不足時代に、せっかく入社した有望な若手社員が離職しくのは防ぎたいものです。経営者・管理者の立場から一体どのような対策を立てればよいのか考えるワークショップです。

日時は、日時 2017年 1月30日(火)18:00 ~ 19:30

 

申し込み・詳細はこちらからご覧いただけます。http://www.biznavi.co.jp/seminar/2361

2017.1.9

この連休中は、内定研修、新人研修、ハラスメント研修等、テキスト作成で缶詰状態でした。集中力の継続のために気分転嫁で散歩したり、ジムに行ったりセルフコントロールに心がけてます。

昨年からあることに挑戦しています。挑戦には”挫折”はつきものです。この挫折とうまく付き合うために、ある時から決めたことがあります。「成功するまで続ける」ということです。ある意味では挫折になれたのかもしれません。最近の動向として、「新人研修」にストレスマネジメントの項目も入れて欲しいと依頼があります。若者が「メンタルが弱くなった」等という言葉をよく耳にします。

果たしてそうでしょうか。長年、若年者の方々のキャリア支援をして感じていることは、”感情と事実”を分けて考えることができていないということです。冷静に分析し、論理的に解決策を引き出さなくてはいけません。感情に従っていては解決には至りません。”感情と事実”を分けるには、トレーニングが必要です。

 

”挫折”には、『立ち直る力』を身につけると乗り越えられますね。では、どのようにその力をみにつけられるのか、そのことを将棋のことでお話いたします(昨年から将棋ネタばかりで恐縮です)。将棋界のスターいったら、羽生善治氏です。2016年度の勝率は0.5510とう数字。10回のうち4回以上は負けています。将棋の世界では、対局が終わると、対局者同士で振り返る「感想戦」をやっているそうです。よかったところ、ダメだったところをしっかり認識している。そうです。まずは、”自分の間違いを認識する”です。そして、最善の手を模索できるようになるそうです。挫折とうまくつきあうためには、「負けとは成長するためのきっかけでしかない」とう

考える精神的態度が基本なのではないでしょうか。そして、それは、PDCAの『C』を習慣にすることだと考えます。

 

2018.1.5

明けましておめでとうございます。
本日から、初仕事です。お正月は、故郷宮崎日南市で過ごしました。1月1日実家近くの海岸を散歩中に、300羽程の鴨が波に揺られていました。リーダーなる一羽が陸に向かって泳いできます。海岸の岩に座っていた私に気づいたかは、わかりませんが、陸に近づいて方向転換しました。その後、掛け声なのか鳴いた後に、他の鴨も向きをかえたのです。
最初はただなんとなくみていたのですが、面白いなーと1〜2時間観察してしまいました。やはり、300羽もいると、集団も分かれるようです。集団と関係なく離れて泳いでいる数羽の鴨、波の左には、100羽ぐらいの小集団が陸に上がっていました。200羽近くの1羽のリーダーシップ、集団分離。勇敢なリーダーと集団をまとめることの難しさを感じながら観ていました。          なんといっても海が太陽の光で輝き、波と戯れている鴨の集団に出会えたことに感謝です。

雲一つない空、鳥の鳴き声、風、さざ波の音、木も草も風に揺られ自然と戯れる時間は、かけがえのないものです(^^)。

 

午後は、ニューシネマパラダイス鑑賞。何度も観た映画です!!。またもや、感動で涙が。最後のクライマックス場面で母からトトへの言葉。そして、愛を語るキスシーンで終わります。

家族、社会、平和には、「愛」が大切ですね!!!

 

皆さまの2018年の目標を一文字で表すとなんでしょうか⁉️。私の昨年の暮れは、「挑」でしたが変更しましまた。在り方は、「裕」心に時間に余裕を持って自分に相手に接し「配慮」を心がけること。そして「極」です。一つのことを極める姿勢を目標にします!!!。


こんな私ですが、本年もよろしくお願い申し上げます!!!

*写真は、猫つながりの友人の手書きです。